invert-default-slider-image

ニュース

最終戦で優勝を飾り、逆転で自身初の賞金王に輝いた宮里優作。選手会長の次なる目標は来年のマスターズ出場です。そのファーストステップとして、今週開催のアジアンツアー最終戦 インドネシアンマスターズに参戦します。

1イーグル、6バーディ、ノーボギーの「64」でプレーしたS.ストリッカー&S.オヘア組が通算26アンダーで優勝。注目のL.トンプソン&T.フィナウ組は4位タイで終えています。

午前からリードを奪ったJGTOチームが午後にもポイントを重ね、2年連続7度目の優勝を飾りました。PGAチームは2.5ポイント差の2位、LPGAチーム午前の失速が響き3位でした。

女子選手として唯一参戦するL.トンプソンは、2日目にスコアを伸ばして優勝争いに食い込んでいます。T.フィナウとのコンビに手ごたえを感じているようです。

L.トンプソン組は4連続バーディを奪うなどスコアを伸ばし上位に浮上しました。最終日も同組のプレーに期待です。

ゴルフネットワークでは日本時間11日午前3時より最終日の模様をLIVEでお届け。中継では内藤雄士ツアープロコーチ、プロキャディ杉澤伸章さんのW解説に加え、2日目に続き貞方章男プロがゲストで登場します。

ローリー・マキロイが親友とのコンビを継続することが分かりました。キャリアグランドスラムのかかるマスターズに向けて着実に準備を進めているようです。

オフの恒例イベント、QBEシュートアウトが開幕しました。米女子ツアー年間王者のL.トンプソンは、T.フィナウと組み9位で初日を終えています。

ゴルフネットワークでは日本時間10日午前3時30分より2日目の模様をLIVEでお届け。中継では内藤雄士ツアープロコーチ、プロキャディ杉澤伸章さんのW解説に加え、貞方章男プロがゲストで登場します。

今年9月に現役を引退した宮里藍が「BRIDGESTONE GOLFドリームフェスタ 2017」に参加し、イベントではファンとのニアピンコンテストで素晴らしいショットを連発。「思ったよりも打てたので自分自身が驚いた」と笑顔を見せていました。

2017年の賞金王に輝いた宮里優作が、妹の藍、兄の聖志とともに「BRIDGESTONE GOLFドリームフェスタ 2017」に登場。来年4月のマスターズ出場に向けて、来週開催のインドネシアンマスターズに参戦予定です。

スイングを変え、20ヤードの飛距離アップに成功した青木瀬令奈プロ。その秘訣は、タテから降ろしてアッパーブローでとらえるようにすることだそうです。